前回聞き取りしたのはえろいぷ掲示板言わば、いつもはステマのパートをしている五人の学生!
出席できたのは、メンズキャバクラで働いているAさん、この春から大学進学したBさん、売れない芸術家のCさん、タレント事務所に所属するのを諦めたDさん、芸人になることを志すEさんの五人です。
筆者「では始めに、辞めたキッカケを尋ねてみましょう。Aさんはお答えにならなくて結構です」
A(元メンキャバ就労者)「オレは、女性心理が理解できると思い始め方がわかりませんでした」
B(普通の大学生)「おいらは、稼ぐことが重要ではないと思って開始しましたね」
C(歌手)「うちは、シンガーをやってるんですけど、まだヒヨっ子なんでいっこうに稼げないんですよ。実力をつける為にはくだらないことでもこつこつ陰の努力しなきゃいけないんで、こんなことやりたくないのですが、差し詰めアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(タレントプロダクション所属)「俺は、○○って芸能プロダクションで作家を志しているんですが、一回の舞台で500円だけしか入らないんで…先輩の紹介でサクラのバイトをやむを得ずやってるんです」
E(コント芸人)「実際のところ、俺様もDさんとまったく同じような感じで、1回のコントでたった数百円の侘しい生活してるんです。先輩から紹介を受けて、ゲリラマーケティングのバイトを開始しました」
意外にも、五名のうち三名が芸能プロダクションに所属中という華々しいメンバーでした…、だが話を聞いてみずとも、彼らにはサクラによくある苦労があるようでした…。

関連記事はこちら

ページ上部に