本日聞き取りしたのは、それこそ、以前よりゲリラマーケティングのバイトをしていない五人のおじさん!
駆けつけたのは、キャバクラで働いていたAさん、男子大学生のBさん、売れないアーティストのCさん、芸能プロダクションに所属しているはずのDさん、コメディアンを目指すEさんの五人です。
筆者「では先に、着手したキッカケから教えていただくことにしましょう。Aさん以外の方お話しください」
A(元メンキャバキャスト)「わしは、女性心理がわかると思い試しに始めました」
B(普通の大学生)「ボクは、ガッツリ儲けなくてもいいと思えず始められませんでしたね」
C(クリエイター)「自分は、演歌歌手をやってるんですけど、もうベテランなのにさっぱり稼げないんですよ。大スターになる為には大きな所でなくても地道に下積みしなきゃいけないんで、こんな仕事やりたくないのですが、何よりもまずアンダーグラウンドな場数を踏もうと思って」
D(タレントプロダクション所属)「自分は、○○ってタレント事務所に所属してギタリストを辞めようと考えているんですが、一回のリサイタルで500円しか入らないんで…先輩に紹介していただきサクラのバイトを始めたんです」
E(お笑い芸人)「実を言えば、私もDさんと近い状況で、1回のコントで数百円の贅沢とは言えない生活してるんです。先輩に紹介していただき、ステマの仕事を始めました」
大したことではないが、メンバー五人のうち三人が芸能プロダクションに所属中という素敵なメンバーでした…、だが話を聞いてみるとどうも、五人にはサクラによくある心労があるようでした…。
ネット上のサイトは、不法の請求などの悪質な手口を活用して利用者の有り金を持ち逃げしています。
その技も、「サクラ」を活用したものであったり、利用規約の内容が嘘のものであったりと、まちまちな方法で利用者に嘘をついているのですが、警察が取り逃がしている件数が多い為、まだまだ曝露されていないものがふんだんにある状態です。
とりわけ、最も被害が甚大で、危険だと思われているのが、小女売春です。
当たり前ですが児童買春は法律で罰せられますが、Mコミュの例外的で悪辣な運営者は、暴力団と相和して、計画してこの児童を使った技で利用ユーザーから大金を騙し取っています。
この折に周旋される女子児童も、母親から売り込まれた犠牲者であったり理解しがたい事情のある人物であったりするのですが、暴力団はひたすら利益の為に、事務的に児童を売り飛ばし、Mコミュと共々ゲインを得ているのです。
このような児童に止まらず暴力団と関係した美人局のような子供が使われている事例もあるのですが、暴力団の大半はMコミュ 京都女性を性奴隷にして使うような犯罪に関与しています。
そもそも大至急警察が査察すべきなのですが微妙な兼ね合いがあってことのほか取り締まりの対象にならないのが実態なのです。

関連記事はこちら

ページ上部に