D(ホステスとして働く)「ブランドのカバンとか欲しがったらけっこういけませんか?わたしってば何人かに同じ誕生日プレゼントもらって1個だけ取っておいてあとは現金に換える
筆者「うそ?せっかくもらったのにそんなことになっていたなんて」
D(ホステス)「言っても、他の人も売ってますよね?ワードローブに並べたって役に立たないし、流行だって変わるんだから、バンバン使われたほうがバッグの意味があるんじゃん」
国立大に通う十代Eすみませんが、わたしもなんですけど質に流すタイプです」
C(銀座のサロンで受付担当)「出会い系サイトを通して何人もお金が手に入るんですね…私は一回もお金に換えたりとかはないです」
筆者「Cさんに聞きたいんですがセフレ募集出会い系サイトを使ってどんな目的の男性を関わってきましたか?
C「プレゼントをくれる男性とは関わっていないですね。全員、写真とは違うイメージでフィーリングとか気にしない人たちでした。わたしなんですけど、出会い系サイトをお付き合いがしたくて利用していたのに急に下品な話を出されてげんなりしました。
筆者「出会い系サイトにアクセスするのはどんな出会いを出会いたいんですか?
C「夢を見るなって言えば、医者とか弁護士の方とか国立大いるような将来も有望な人がタイプです。
E(国立大に在籍中)わたしは、国立大に在籍中ですが、出会い系サイト回ってても、同じレベルの人間はそれなりにいます。けど、大抵はパッとしないんですよ。」
取材から分かったのは、オタクについてネガティブな印象のある女性はどことなく多くいるということです。
オタクの文化が広まっているかに思われがちな日本でもまだ一般の人には受入れがたい薄いようです。

関連記事はこちら

ページ上部に