筆者「もしかすると、芸能界を目指すにあたって下積み中の人って、サクラのアルバイトをしていることが少なくないのでしょうか?」
E(芸人の一人)「はい、そうですね。サクラで生活費を得るのって、シフト他に比べて自由だし逆援助交際俺みたいな、急にお呼びがかかるような仕事の人にはもってこいなんですよ。予測不能の空き時間を利用できるし、経験の一つになるし…」
C(現役アーティスト)「人生経験になるよね、女として接するのは難しいけど我々は男目線だから、自分の立場から考えたうれしい言葉を向こうに伝えればいい訳だし、男性の気持ちがわかるわけだから、男性もやすやすとのってくるんですよね」
A(メンキャバ勤め)「意外に、女の子でサクラの人は男性の心がわかってないから正直言って下手っすよね」
筆者「女の子のサクラより、男のサクラの方が成績が上なのですか?」
D(とある芸能関係者)「まぁ、そうですね。優秀な成績を残しているのは大体男性です。だがしかし、僕は女のキャラクターを作るのが下手くそなんで、いっつもこっぴどく怒られてます…」
E(某芸人)「本質的に、ほら吹きがのし上がる世ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…俺たちも苦労してます」
ライター「女性の役を演じ続けるのも、かなり苦労するんですね…」
女性役のやり方についてのトークで盛り上がる彼女ら。
そんな会話の中で、あるコメントを皮切りに、自らアーティストであるというCさんに視線が集まったのです。

関連記事はこちら

ページ上部に