質問者「ひょっとして、芸能人で売れたいと思っている人って、サクラを同時に行っている人がおおくを占めるのでしょうか?」
E(とある芸能人)「そうだと思われますね。サクラで生計を立てるって、シフト思い通りになるし、僕みたいな、急にお呼びがかかるような仕事の人種にはどんぴしゃりなんですよ。イレギュラーな空き時間を使えるし、興味深い経験の一つになるし…」
C(あるアーティスト)「ありがたい経験になるよね、女性としてコミュニケーションを図るのは大変でもあるけど我々は男だから、自分が言われたいことを相手に送ればいい訳だし、男心はお見通しだから男も容易に食いついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤めの男性)「逆を言うと、女の子のサクラは利用者の心理がわかってないからぶっちゃけ上手ではないっすよね」
著者「女性のサクラより、男性サクラの方がよりよい成績を納めるのですか?」
D(とある芸能関係者)「はい。成績が上なのは大体男性です。しかしながら、僕は女の役を作るのが下手くそなんで、いつもこっぴどく叱られてます…」
E(某芸人)「言うまでもなく、正直者が馬鹿をみるワールドですからね…。女性になりきるのが思ったより大変で…僕らも苦労してます」
筆者「女性の役を演じ続けるのも、色々と大変なんですね…」
女のキャラクターのどうやってだましとおすかの話に花が咲く一同。
会話の途中で、あるコメントをきっかけに、自称アーティストだというCさんに関心が集まったのです。
恋人を募集するサイトには、法を守りながら、しっかりとやっているネットサイトもありますが、期待外れなことに、そのような信頼のおけるサイトはごく一部です。
その一部分以外のサイトは疑うまでもなく詐欺だと分かる行為を罪悪感もなくやっており、モテない男性を騙しては搾取し、騙しては搾取師を騙せる限りやり続けます。
当たり前ですがこんなことが法的に許可されているはずがないのですが、サイトの経営者は逃げる準備が万端なので、IPを捕まる前に変えたり、事業登録している建物を移しながら、警察にのターゲットになる前に、潜伏先を撤去しているのです。
このような幽霊のようなペテン師が多いので、警察がきちんとしてないサイトを暴き出せずにいます。
とっととなくなってしまうのがみんなのためなのですが、悪質なスタービーチはなくなる様子もありませんし、どうも、中々全ての問題サイトを片付けるというのは多大な労力を必要とするようなのです。
怪しいスタービーチがいつまでも人を騙して金を騙しとっているのをほっぽらかしておくのは腹立たしいですがすた-び-ち アプリ警察の悪質サイトのコントロールは、着実に、じわじわとその被害者を下げています。
楽な事ではありませんが、パソコンの中に広がる世界から怪しいサイトを片付けるには、そういう警察の才力を信じて任せるしかないのです。

関連記事はこちら

ページ上部に