2016年7月 記事一覧

筆者「最初に、参加者がせふれ掲示板に決めたとっかかりを全員に聞きたいと思います。
取材に応じてくれたのは、高校を中退したのち、五年間引きこもり生活をしているA、「せどり」で生活費をまかなおうと奮闘しているB、小さなプロダクションでレクチャーを受けてアクション俳優を志望しているC、アクセスしたことのないせふれサイトはないと語る、ティッシュ配りのD、あと、新宿二丁目で働くニューハーフのE。
AさんからEさんまで二十歳から二十五歳までの若いメンバーです。
A(引きこもり中)「俺は普段部屋でパソコンばかりしているんですが、サーフィンしてたらめっちゃ可愛い子を見つけて彼女の方からメッセージくれて、しばらくしてあるサイトのアカウントを取ったら直接メールしていいって言われたので、ユーザー登録しました。それからは出会い系サイトでも連絡できなくなっちゃいましたね。それでも、他の女性とは何人か出会いはあったので」
B(せどりに)「アカウント取ったころはやっぱり、自分も直アドが聞きたくて。女優並みにきれいな人がいて夢中になりましたね。会いたくなっちゃってサイトにも登録しました。そのサイトって、ツリに引っかかる人も多くて、ちゃんと女性もいたので、飽きたりせずに使い続けています。
C(プロダクションで訓練中)「私の場合、いろんな役になりきれるよう使い出しました。出会い系サイト利用にさんざん悪用する役をもらって、それから自分も利用するようになりました」
D(パート)「僕の体験ですが、友人で早くから使っていた人がいて、感化されて登録したってところです」
最後に、最後となるEさん。
この方なんですが、オカマですので、端的に言って取り立てて話すほどではないかと。
「出会い系サイトを利用していたら大量にメールが届くようになってしまった…何かいけないことした?」と、ビックリしたことのある人もほとんどではないでしょうか。
筆者もそういう体験はありますが、そういったケースは、使用したせふれ掲示板が、自動で数か所にまたがっている可能性があります。
このように考えるのは、出会い系サイトの大部分は、サイトのプログラムで、他のサイトに登載された個人情報を丸ごと別のサイトにも明かすからです。
明らかに、これは登録者の意図ではなく、完全に機械の作用で登録されてしまう場合が大半なので、利用者もせふれ 割り切り全く知らない間に何か所かからわけの分からないメールが
さらには、自動で流出するケースでは、退会すればメールも来なくなると退会手続きをする人が多いのですが、退会手続きをしたってナンセンスです。
しまいには、退会に躍起になり、他の出会い系サイトにアドレスが流れ放題です。
設定を変えてもそんなに意味はありませんし、拒否されたもの以外のメールアドレスを使ってメールを送るだけなのです。
一日に消去するのが面倒なほど悪質な場合はためらわないで慣れ親しんだアドレスを変更するしかないのでサイト選びには時間をかけましょう。
普通に用心していればそんな男性を追いかける筈はないのにと想像もつかないところなのですがよく言えば清らかで思い込みのない彼女たちのような女の子は間違った相手だと分かっていてもその人をおいかけてしまいます。
何人かの女の人が過去に暴力事件に引き込まれたり殺害されたりしているのにところがこのようなニュースから教えを聞かない女子たちは虫の知らせを受け流して相手の思いと通り支配されてしまうのです。
全ての彼女の影響があった「被害」は、誰もが認める犯罪被害ですし、どう考えても法的に懲罰を与えることができる「事件」です。できる
残念ことに出会い系サイトに交じる女性は、とにかく危機感がないようで、冷静であればすぐに妥当な機関に訴えるようなことも、その状態のままに受け流してしまうのです。
結果的に、危害を加えた人はこれほどまでに悪いことをしてもバレないんだ、承諾して貰えるならとことんやろう」と、大胆になって出会い系サイトを役立て続け、被害にあった人を増加させ続けるのです。
「黙って許す」ということだと、良心的な響きがあるかもしれませんが、その行動こそが、犯罪者を増強させているということをまず覚えなければいけません。
被害を受けたその時は早いところ、警察でも0円で相談ができる窓口でもどの道をえらんでもいいのでまず第一に相談してみるべきなのです。

ページ上部に