2016年3月 記事一覧

ダメだと感じる気持ちがあればそんな男を信用していく筈がないのにと思ってもみないところなのですがよく言えば清らかで疑う心がない彼女たちのような女の人は怪しい相手だと知っていてもその人をおいかけてしまいます。
いままでに複数の女性が暴力事件に引き込まれたり取り殺されたりしているのにされどこんなニュースから学習しない女性たちは虫の知らせを受け流して相手に流されて思うつぼになってしまうのです。
ここまでの彼女の身におきた「被害」は、大きな犯罪被害ですし、言うまでもなく法的に罰則を科すことができる「事件」です。
でも神待ち掲示板に立ち交じる女の人は、なぜか危機感がないようで、しっかりしていればすぐにあてはまる機関に訴えるようなことも、何もしないで受け流してしまうのです。
結果的に、不法行為を行った者はこれほどまでに悪いことをしてもバレないんだ、なにも言わないからどんどんやろう」と、図に乗って神待ち掲示板を役立て続け、被害者があとをたたないのです。
「黙って許す」と言ってしまうとやさしい響きがあるかもしれませんが、その行いこそが、犯罪者を増進させているということをまず覚えなければいけません。
被害を受けた折には猶予なく、警察でも有料ではない相談できる所でも何はともあれとりあえず相談してみるべきなのです。
前回の記事を読んだと思いますが、「神待ち掲示板で積極的だったから、直接会うことにしたら犯罪者だった」という状況になる女性の話をしましたが、女性が嫌になると思うでしょうが、その男性と普通に交際を始めることになってしまいました。
どうしてかと言うと、「雰囲気がやくざっぽくて、恐怖を感じてしまいその時は一緒にいくしかなかった」と思ったそうですが、より詳しい内容になったところ、彼女も魅力を感じる部分がありそのまま関係を続けようと思ったようです。
前科があるという話ですが、包丁よりも長いナイフを使って自分の親を傷つけたという出来事だったそうで、不可抗力などではなかったと思う場合もあるでしょうが、それほど変わったところもないようで、子供や女性に対しては親切な部分もあったため、注意するほどではないと思って、普通に付き合うようになっていったとのことです。
その後も上手くいけばいいのですが、その相手が信用しづらい変な行動をするので、何も言わないまま家を出て、その相手とは縁を切ったという終わりになったのです。
近くにいるというだけでも安心する暇がなくなり、それまで一緒に生活していた場所から神待ち掲示板 愛知少しでも早く離れようと着の身着のままで出てきたとのことでしたが、恐怖を感じるような雰囲気があったといった事が理由の全てではなく、自分が納得できないとなると、力で納得させようとするし、凄い暴行をするような動作で威嚇する事があるから、求めに応じてお金まで出し、他にも色々な頼み事を聞いて、その状態を受け入れてしまっていたのです。

ページ上部に