よく当たる西洋占星術

いわゆる星占いといわれる西洋占星術は、非常によく当たる占いであるといわれています。
この占いは、双子やみずがめ座など、12の星座を使って占いをしていく方法になります。
よくテレビや雑誌などで行われている星座占いがありますが、これも西洋占星術の一種ということになります。

広く使われていることの背景には、この星座占いが非常に当たるものであるということが関係していそうです。
手軽に占うこともできますし、自分の星座を知らないという人はあまりいないのではないでしょうか。
それだけ浸透している星座占いですから、多くの人にとって身近な存在になっているのですね。
それぞれの星座には性質が与えられているので、その人によって違った運勢を持つことになります。

さらに深く踏み込んだ西洋占星術では、星座と惑星の組み合わせによってさらに運勢を知ることができるようになります。
それぞれの惑星で、キーワードや原理などが違ってきますので、そこから解釈できる運勢もまた変わってくることになります。
星座占いでは、星座が持っているサインからその人の性格や特性を知ることもできるようになります。
星座占いから自分の運勢を知りながら、その星座が選ばれることになった背景などを勉強してみても面白いかもしれませんね。
占いが当たるということも大事ですが、そのほかにその惑星の働きを知るということもとても大切なことです。
その星が本来持っている意味などを知ることで、より占いの結果を深く楽しむことができるでしょう。

こちらもおすすめ!